γ-GTPはこうして下げろ!医学的知見から見た改善方法

γ-GTPが高いときには肝臓になんらかの負担がかかっていると考えられます。
健康でいるためにはどのような方法でγ-GTPを下げるのが良いのでしょうか?

 

 

◆γ-GTPを下げるために飲酒を控えましょう!

 

γ-GTPは肝臓の解毒作用にかかわる酵素であり、アルコールに反応する性質があります。
健康診断でγ-GTPの数値が高い場合にはまず飲酒歴を訊かれるほどです。
γ-GTP以外の肝機能にかかわる検査項目が正常であれば、お酒の飲みすぎということになります。
1週間ほど禁酒するだけでγ-GTPが大きく下がることもありますから、意識的にお酒を飲む量を控えるようにしたいですね。

 

成人男性の場合、1日に飲むお酒の適量は以下のとおりです。
・ビール 中ビン1本
・日本酒 1合
・ワイン グラス2杯
女性や高齢者はこの半分程度が適量になります。

 

γ-GTPを下げるには適量を守り、飲酒しない日をつくって肝臓を休ませてあげるようにしましょう。
飲み会が多い時期もあると思いますが、飲みすぎには要注意ですよ!

 

 

◆ストレスが減るとγ-GTPは下がるんです!

 

γ-GTPは肝機能を図るための検査ですが、実はストレスによっても高い数値が出やすい項目のひとつなんです。
まったくお酒を飲まないのにγ-GTPが高いという人は、ストレスによるものかもしれません。

 

私たちの身体は強いストレスを感じたとき、活性酸素を発生させます。
活性酸素が過剰に増えすぎてしまうと健康な細胞にダメージを与えてしまうため、代謝機能をもつ肝臓が処理をします。
大量の活性酸素を処理しようとすれば肝臓に大きな負担がかかるため、γ-GTPが高くなってしまうというわけです。

 

日頃からストレスや疲労を感じやすい人は肝機能が低下していますので、ストレスを軽減させてγ-GTPを下げることが大切です。
・睡眠時間をたっぷりとる
・適度な運動をする
・身体を冷やさない
ストレスを溜めこまないように心身ともに安らげる時間を確保していきましょう。
マッサージやアロマでリラックスするのも良いですよ♪

 

 

◆サプリメントで効率的にγ-GTPを下げる

 

γ-GTPを下げる栄養素といえばタウリンやオルニチン、クエン酸などが知られています。
肝機能を高めてくれる栄養素をとることによって、肝機能を示すγ-GTPが下がるんですね。
γ-GTPを効率的に下げるならサプリメントが良いでしょう。

 

サプリメントのメリットとしては
・リーズナブルな値段で栄養素を補給できる
・自宅でも外出先でも飲めるので利便性が高い
・飲むだけなので長続きしやすい
・運動が苦手な人や高齢者でもγ-GTPを下げることができる
などがあります。

 

γ-GTPは生活習慣や食生活を改善して下げることも重要ですが、なかなかそうもいきませんよね。
サプリメントであればどなたでも手軽に肝機能を高めることができますよ♪
肝臓の病気を予防するためにも、肝機能をしっかりサポートしてくれるサプリメントを選ぶようにしましょう。

 

普段からお酒を飲んだりストレスを感じやすい人は、肝機能を高めてくれるサプリメントでγ-GTPを下げるようにしていきたいですね!

 

 

さらに詳細なγ-GTPのサイトをご紹介します。

 

当サイトよりも詳しい情報に加え対策や予防、関連肝臓情報も解説しているサイトです。ぜひごらんください。

更新履歴