喫煙が及ぼすγ-GTPへの悪影響について

γ-GTPの数値が高いときにはアルコールの過剰摂取が疑われやすいですが、実はタバコによっても数値が悪化することがあります。
肝臓の病気の指針にもなるγ-GTPがなぜタバコに関係しているのか調べてみました!

 

 

◆タバコに含まれる有害物質アセトアルデヒド

 

肝臓はさまざまな化学反応を行う器官で、有害物質や毒素などを分解して代謝する働きを担っています。
タバコにはニコチンやタールのほか、ニコチンの吸収を高め、燃焼を促進する作用のある有害物質アセトアルデヒドが含まれています。

 

アセトアルデヒドを分解するためには肝臓に大きな負担がかかるうえ、アセトアルデヒドそのものが肝細胞を破壊してしまいます。
タバコを吸うことで肝臓の負担が増してしまうため、γ-GTPの数値が上がってしまうんですね。

 

 

◆タバコはγ-GTPを上げるデメリットだらけ

 

タバコは肝臓への負担が大きく、γ-GTPを上げるデメリットだらけです。
たとえばどんなデメリットがあるのでしょうか。

 

タバコを吸うと血管が収縮します。
肝臓には肝動脈や門脈といった血管から栄養や酸素を送られています。
血管が収縮することで肝臓が正常に機能できなくなり、肝機能が低下してしまいます。
また、タバコは発がん性があるため、肝臓がんのリスクを高めます。

 

タバコは肝臓にとって悪影響を与えることは間違いありません。
肝臓に異常があるとγ-GTPの数値は高くなります。

 

◆アルコールとタバコの関係

 

タバコに含まれるアセトアルデヒドはアルコールを分解するときにも生じる有害物質です。
つまり、タバコを吸うことはお酒を飲むことと同じようなものなのです。
喫煙と飲酒を同時にしたときには肝臓にダブルで負担をかけているわけですから、普段からこうした習慣を続けていればγ-GTPが悪化するのは当然です。

 

タバコを吸っていると肝臓は処理に追われてフル活動になっていますので、アルコールの分解が追いつかず酷い二日酔いになることも。
タバコは肝臓に負担をかけてγ-GTPを悪化させてしまいますので減らすようにしたいですね!

関連ページ

γ-GTPの数値から考える病気
γ-GTPを下げるには下げる為の対策をしなければなりません。こちらで数値改善のための食べ物や食品、直すべき習慣をご紹介しています。γ-GTPを効果的に下げましょう。