γ-GTPをはじめとする肝臓数値にはなぜ牡蠣が良いのか?

牡蠣にはγ-GTPを下げる栄養素が豊富に含まれていることで知られています。
牡蠣を食べるとなぜγ-GTPを下げることができるのか気になりますよね!

 

 

海の幸としても人気が高い牡蠣は「海のミルク」とも呼ばれ、非常に多くの栄養素を含んでいます。
古くから栄養にすぐれた食品として重宝されてきた牡蠣にはどんな栄養素が入っているのでしょうか?
今回はγ-GTPに効果のある牡蠣の成分について調査してみました♪

 

 

◆肝臓の負担を減らすタウリン

 

牡蠣主成分といえばタウリンが有名ですよね。
タウリンは肝臓に良い栄養素です。

 

・胆汁酸の増加
肝臓から分泌される胆汁酸を増やし、血中コレステロールを下げる作用があります。
・中性脂肪の排出
肝臓内に溜まりやすい中性脂肪を排出し、脂肪肝を予防します。
・肝機能の向上
肝臓の働きである分解や代謝をサポートし、肝機能の向上や負担を軽減します。

 

肝臓にとって強い味方であるタウリンが100gあたり1,130gも含有されている牡蠣は、γ-GTPを下げるにはうってつけの食品なんですね!

 

 

◆19種類以上のアミノ酸で元気な肝臓へ

 

肝臓の細胞はおよそ1ヶ月ほどで入れ替わるため、細胞の修復にたくさんのアミノ酸が必要になります。
牡蠣のたんぱく質には19種類以上ものアミノ酸が入っていますので、肝臓が持っている本来の働きを高めてくれる効果が期待できます。

 

肝臓の弱った機能を回復しますから、飲みすぎてしまいがちな人にもアミノ酸は大切な栄養素だといえるでしょう。
アラニンやグルタミンといったアミノ酸は肝臓のアルコール分解を助けてくれますので、二日酔い防止にも効果があります。

 

 

◆グリコーゲンで肝機能をアップ!

 

うまみ成分でもあるグリコーゲンはタウリンと同様に肝臓の働きをサポートし、肝機能をアップさせてくれる効果があります。
疲労回復効果がありますので、疲れた肝臓を元気にしてくれるのも嬉しいですね!

 

 

牡蠣にはγ-GTPを下げる成分がぎゅっと詰まっていますので、肝臓の機能が弱まってきたと感じたら食べると良いでしょう。
γ-GTPを下げるなら牡蠣がオススメですよ♪

関連ページ

おすすめサプリメント【肝パワーEプラス】
γ-GTPを下げるには下げる為の対策をしなければなりません。こちらで数値改善のための食べ物や食品、直すべき習慣をご紹介しています。γ-GTPを効果的に下げましょう。